--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月13日 (日) | Edit |
先日、保険のおばちゃんがやってきました。

「むちむちさんちのお父さんはパーキンソン病だと言っていたけど、
ウチの親も去年パーキンソン病だとわかったのよ」

なんでも、保険のおばちゃんのお父さんは、
去年パーキンソン病だとわかってから家に引きこもりがちになったという。。


パーキンソン病はすぐにかかるものじゃないから、
本当はもう何年も患っていたのでしょう。

周りの人が気付かなかったのかもしれません。


そのお父さんは、引きこもりがちになると同時にいつもウトウトしていて、
四六時中寝ている日々が続いたそうです。


そして、当然と言えば当然かもしれませんが、
とうとう寝たきりになってしまいました。

入院しても長く病院には居られないそうで、現在は奥さんが介護しているとそうです。

話によると、介護されているお父さんの顔はツヤツヤで、介護しているお母さんはゲッソリしているらしい・・・


親が同じ病気なので、保険のおばちゃんの話がとても共感できました。


「パーキンソン病は、身体を動かす習慣がないと、どんどん身体が動かなくなりますよね」
と、私。


「それもそうなんだけど、本人がやる気がない限りはどうしようもないわよ」
と、保険のおばちゃん。

そもそも本人の向上心が強かったら、今まで悩む事なんかないのよね・・・


そんな私たちのやりとりを聞いていたウチの父親。
さすがに、自分の未来を聞いているようで心に響くものもあったハズ。

この話を契機にちょっとずつでもリハビリに励んでくれるだろうなあ、
明日はデイサービス(父はデイサービスでリハビリをしています)の日だし・・・
と期待していました。


が、


次の日当然のように父はデイサービスに休みの連絡を入れていました。


「昨日、あんな話をしたのにデイサービス休むの!?」

「うん。行かない」

で、終わり。


寝たきりにならないようにいろいろ気を使っているのに、
まるで意に介さない老親。。

「健康に生きる」とか「楽しく生きる」とか、そういう考えを超えてしまって、
全てがどーーでも良いように感じます。

こっちはそれじゃあ困るんだけどなあ・・・とほほ。


ポチっとご協力お願いします!⇒にほんブログ村 貧乏・生活苦
スポンサーサイト
2010年08月07日 (土) | Edit |
普段、どこにも行きたがらない父が花火大会に行きたいというので、
花火の見える居酒屋を予約しました。

ヨボヨボになってくると、場所取も難しいので、最初から店に入る事にしちゃいました。
移動中、まだ歩けるとはいえ、人込みの中は大変!エレベーターを探さないと行けないし、移動時間は30分くらいなのに疲れる。。
注意しながら店に到着。

そして、花火が始まっても始終無言の親子…

この日は夫が仕事で来れなかったのですが、いつも話し出すと数時間続いてうっとおしい夫のしゃべりが懐くなってきます(-_-;)

父ちゃん、無口、そして食べ物に夢中…


帰りは、店員さんや他のお客さんが親切にしてくれたので、スムーズに店を出る事ができました。

当たり前なんですが、やっぱり、病気の老人は特別扱いです。
健常者はそれが良い事だと思ってますが、(実際、良い事なんですよ!)介助される側だと、ちょっと毎日特別扱いは面倒かも…
私だったらめんどくさくて引きこもりがちになるかもしれません。

そんなこんなで、帰り道、父がひとこと、

「食べ物に夢中で花火は見なかったなあ。。」

私の努力は報われなかったのでした…

見りゃあ分かるけど、言わないで欲しかった(泣)

あと何年かすれば、「特別扱い」しないといけない老人がわんさと増えます。
その時は、世の中はどう変わるんだろう、いい意味で変化している事を願います。

ポチっとお願いします!⇒にほんブログ村
2010年08月24日 (火) | Edit |
引き続き調子が悪いむちむちココノですが、

身体は冷えてるけど気温が高くてエアコンつけてさらに冷える…

となりがちなので、
レッグウォーマーを着けました。
親戚からもらったやつだけど、コレは足元が冷えなくていいっす!

あと、弱った胃にはホットパックしてます。きもちい。。
腹巻きもしようかな。

最近は何でもオシャレなのがでてますね。

ポチっとお願いします!⇒にほんブログ村
2011年01月03日 (月) | Edit |
2010年が終わり、2011年がやってきました。
あけましておめでとうございます。

去年はホントにあっという間でした。
何故こんなに時間がたつのが早いんでしょね。すぐに老人になってしまいます・・・
どうも落ち着かなくて、正月も仕事です。
もっと自分は怠け者だと思っていましたが、日ごろのストイックな(笑)習慣が板についてきたようです。

今年こそはやったるぞーー!と意気込んでいるココノですが、どうなることやら。


そして、新年早々気付いた事があります。

なんだか他人の目が気になっている人が、もしかしてとっても多いんじゃないかと思い始めました。
私は、面の皮が厚いので(笑)逆にどんな感覚なのか実感できないのですが、
「人にどう思われているのか」気になって仕方がないようです。

そりゃ、職場のパートナーや関わりのある親戚に嫌われたらいろいろ面倒ですが、
そうでもないなら、

「よく思われてないからってどうなるの!?」
と思います。


人から良く思われないと死んでしまうのでしょうか?

人から良く思われないと孫の代まで呪われてしまうのでしょうか?

人から良く思われないと人間として認められないのでしょうか?


たしかに、嫌われてしまうのは心地いいものではないですが、

「そういうもんか」

と言うと、実はたいしたことではないんだな、と思えてきます。


たまーに、人間関係のごたごたに巻き込まれたり、誤解をされてしまう事がありますが、
トラブルが終わってしまえばすぐに忘れてしまうし、
自分が言っている以上に気にしていないので、

「○○ではたいへんだったねー」

と励まされても、

「?」

となることがあります。


もちろん、あんまり極端は良くないですが、

「気にしない」技

を身につけてしまうと、けっこう色んなものが気にならなくなります。

「気にする」人が日本海の荒波だとしたら、
「気にしない」技は南の島の穏やかな海のような感覚です。


人目が気になっている自分が嫌い!と思っている人がいたら、

「よく思われないからってどうなるの!?」
と想像してみてください。

きっと、大した事にはならないと思います。


ポチっとご協力していただくと、ブログの更新の励みになります⇒にほんブログ村 貧乏・生活苦
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。