--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年08月20日 (水) | Edit |

本当はメインのはずのこのシリーズ、なかなか更新できなくてすみません・・・
日々めまぐるしく回っていって、ついていけてませんよ。


さて、固定費の配分ですが、
固定費が少なければ少ないほどいいわけです。当然ですよね!

ところが、実際の数字がからんでくると思いように行かないわけです。

固定費で一番負担になるのが

住居費

車関係

保険

(子供がいたら教育費)と言われています。


はっきり言って、この辺を攻略していれば大体の人がのびのび暮らせるのですが、 額がデカいだけに節約するにも時間と手間がかかります。それぞれの事情もあるでしょう。

たとえば、住居費は地方から都心に来た人は高い家賃を払わなきゃいけないわけです。
うちのように二世帯生活者は家賃なしです。(そうでないところもありますが)
私の知っている方はちょっと高めのマンションに暮らし始めて運気が上がったとか、
激安物件だったけど怪奇現象に遭った(うちの夫)とか、
一筋縄ではいきません。

これについては後述しますが、
まずは、
固定費の中で優先順位を決めることから始めるといいと思います。

つまり、
譲れないところと譲れるところを分けるのです!


収入の多い人はあんまり妥協しなくても十分かもしれませんが、
収入の少ない人は悲しいかな、妥協していかなくてはならんのです。。

具体的には、また書きますね!

 



ご覧いただきありがとうございます!
ぽちっと押していただければ幸いdeす





スポンサーサイト
テーマ:節約
ジャンル:ライフ
2008年09月04日 (木) | Edit |

こんにちは。


最近まで気がつきませんでしたが、私の部屋にハチの巣がありました。

アシナガバチだって・・・ 

おおっと!危険すぎませんかい。((((゜Д゜;))))ガクガクブルブル 

しかもうちの親はすでに刺されていたという。(早く言ってくれ!)

道理でブンブン言ってたんですね。
ハチさんには気の毒ですが、駆除してもらいました。


そんな訳で、
家賃が変わると具体的にどうなのかっていうところをシュミレーションします。

このブログではとにかくシュミレーションの例をこれでもかと挙げて 家計を数値化するという考えを広めたいと思っています。

まず、デカい出費の家賃ですが、
都心に住むと必然的に家賃が高くなります。

A 手取り収入20万の人が、10万の家賃を払うと残り10万円で生活しなければなりません。

B 手取り収入100万の人が、10万の家賃を払うと残り90万円です。仮に50万の家賃を払っても残り50万。


当たり前なんですが・・・

同じ空気を吸っていると、家計の数字なんて見えないですからね。
そんなの知ってるわい思っていても、共働き夫婦で奥さんの妊娠などでAパターンに陥るケースがよくあります。

逆に、公務員などは手取りが低くても社宅(?)でほとんど家賃がないなんてよくあります。

C 手取り収入15万で家賃が2万払うと、13万円残ります。

Aより余裕が出てきますね!


余談ですが、都心の一人暮らしOLは一生懸命働いても貯金ができないらしいです。 それは家賃をはじめ、消費の多いシステムの中にいるからなのでしょう。

そういうことをなんとなーくわかっていたので、私は憧れの一人暮らしがとうとうできませんでした。。
家賃やそれに付随する云々を考えると、実家から高い交通費で会社通いした方がまだマシなんですよね。



ご覧いただきありがとうございます!
ぽちっと押していただければ幸いdeす





 

2009年02月26日 (木) | Edit |
ひさびさにこのシリーズです。
ブログを初めていろんな反応があったんですが、実感としては、
人にものを伝えるのは難しい・・・

です。
みなさん、言葉じゃわかるけど、行動には移せないみたいです。

そして、「どうにかした方がいい人ほど節約から遠ざかっている」という(泣)
ここまでくると私の力ではとうてい及ばないと、ガックリしたものです。


「車を見直したらわんさか得した!」
という、意味不明なタイトル。。。

自動車業界には申し訳ないですが、
「もたない」とかなり家計が浮きます^^;

各ご家庭にもよりますが、ある一家の家計シュミレーションをしてあげたら車を持っているだけで、
年間50万の出費になりました。

これで、ひーーー!と思ったら、考えなおした方が良いです。

貧しい若者層が車を持たないのもうなずけますよね。


車を持つと、ガソリン代だけじゃなありません。

●税金
●メンテナンス
●保険
●駐車場
●車検
2009年04月02日 (木) | Edit |
携帯からこのブログを見ている方は、カテゴリーがわからないかもしれませんね(^^;)
これはたまーにやってる、節約の基本のきを紹介しているコーナーです。
FC2でどうにかしてくれないかしらん。。

保険に関しては、私があんまりハッキリ断言すると問題大なので、今回は体験談を書きます。

ここで、結論から言うと、保険は金融商品です。
リスクとメリットを(とっても分かりづらいですが)理解する必要があります。
共済は保険とは性格が違うものですが、共済が乱立→倒産という事態もあるらしいので、まあ、要するに、慎重にね!という事です。

我が家の体験談は、まさに保険泣き笑いです。。
バブル期では生命保険でも、ものすごい利子がつきました。儲った!ウハウハ(^^)

ところが、うちの父が長年入っている保険を解約しようとした時、貰える筈の配当が支払われず、配当が欲しいなら継続して保険料を払わないとダメだよ、という話になりました。
聞いてないよ!!
と父は言いましたが、そういう事らしいです。
保険の外交員の話し方にも問題があったんでしょうが、その人も辞めてしまいましたからね。。
あとは、家族がどんな保険に入ってるかよく理解してないがために契約がうやむやになってしまったり。。

結局、我が家では保険の利益は±0なんじゃないかしら。。マイナスかな。
まあ、でもイザという時にはあると安心ですから、慎重に保険に入るといいと思います。
でも、家計の負担になるほどの掛金にならないように、気をつけて下さいね~!
2009年08月03日 (月) | Edit |
どうもお金の管理が苦手という人の話を聞いてみると、
自分が一体いくらの収入でいくらの支出があるんだかわかってないんじゃないかな、
と思う事があります。

それくらい…と言っていると生命の危機に直面します。
占いより高確率で当たります!

以前、占い師さんと話をした事がありましたが、
時々借金の相談をされると言ってました。

借金を占ってもねぇ。。相談先が違くないかい?
(でも、借金する運勢が出ているらしいですよ!)


家計簿をつけるのが苦痛だったら、
クレジットカードをやめてみましょう!

全て現金払いになると、一月に使っている量が把握できると思います。

悲しい事に、現実ではこの額以上のものを買うのは困難なんです。

私は、現代の便利な支払いシステムがかえって支払い困難にさせているように思えてしまいます。

全て数字として管理すると、
現状が見えるかもしれません。


ポチっとお願いします!⇒にほんブログ村 家計管理・貯蓄・節約
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。