--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月09日 (月) | Edit |
大きい文字ウチの親は、介護認定を受けていますが、
年々審査の基準が厳しくなっています。

高齢化社会ということで、みんなにお金が回らなくなってきたのだと思いますが・・・


介護認定は、年に1回受けます。
審査をする人がやってきて、面接をするのです。

私は、去年か一昨年から同伴していますが、

家族が一緒にいた方がいいです。

本人だけの面接だと、どうしても格好つけるため(昔の人だから??)できない事も「できる」と言ってしまうようです。
家族目線で、できない事、困っている事はしっかり伝えた方がいいと思います。


そして、これはウチだけかもしれませんが・・・

最初に面接の同伴をした時は驚きました!!
その時は、別々に暮らしていたんで、面接の日に実家へ戻ってみると・・・

身なりのきっちりした、ジェントルマンが立っていたのです。

父でした。


普段の不精はどこへやら、本人が何をアピールしたいのかわかりませんが、
審査員の人は、「随分しっかりしていらっしゃる」と言い、
当然ランクの低い介護認定が降りました。
ケアマネさんからは、もっと高いランクがもらえてもいいと言われていたんですが。


と、いうように、本人だけ面接を受けると高いランクをもらっていいはずなのに虚勢を張ってしまって損をするパターンが起こります。
恰好も、普段と同じ(ちょっと悪いくらい)がいいかもしれません。

ポチっとご協力お願いします!⇒にほんブログ村 貧乏・生活苦
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。