--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月14日 (土) | Edit |
ほとんどの思春期の少年少女は中二病にかかりますが、(慢性化している大人もたくさんいますが・・・)
葬りたい青春の1ページをつづった本がコレ。

「イケてない10代」です。

あの自意識過剰はなんだったんだろうなーーーなんて今になっては思ってしまう。

イタイです。
できればそっとしておいて欲しかった・・・

大人になった今では、
当時のさばっていたギャルたちは今では社会の闇で生きていたり、
どちらかといえばあまりいいポジションにいられない人が多いんですが、
その時の旬といいますか、とにかく勢いがあった。

昔もてもてだった○○くんは今ではすっかりサエなくて、
いつまで経っても結婚どころか彼女さえできない、とか。

男子はこういう人、多いみたいです。
昔は何もしなくてももてるから、努力をしなくなったのかなーー。


栄枯盛衰です。
そんな事を最初から知っていれば、
中二病も少しは和らいだかもしれませんが、
当時は知る由もなく、恥の更新をしていました(それは今でも変わりませんが^^;)


学生時代というのは、コドモオトナの境目にいるので、
それは産毛のとれかけのペンギンみたいなイメージなんですが(親よりデカくてかわいくないけど子供)
いろいろ不安定な時期でもあります。

この時期に本当の心の病にかかる人も多いようですし、何て言うか、ちょっと普通じゃない感じ。

そんな時期に書いた作文をワイドショーで事件の加害者や被害者の人間性を測るものとして使うのはいかがなものか。何十年と経てば、性格だって少しは変わるでしょ。

加害者はともかく被害にあった人はなんであれそっとしてやってよ!と思ってしまう。
マスコミ怖いっす。


そして、事件に巻き込まれてしまったらそんなものまで晒しものにされてしまうと知っていれば、
卒業文集をマジメに書いていましたよ・・・



ポチっとご協力お願いします!⇒にほんブログ村 家計管理・貯蓄・節約



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。