--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年09月04日 (木) | Edit |

こんにちは。


最近まで気がつきませんでしたが、私の部屋にハチの巣がありました。

アシナガバチだって・・・ 

おおっと!危険すぎませんかい。((((゜Д゜;))))ガクガクブルブル 

しかもうちの親はすでに刺されていたという。(早く言ってくれ!)

道理でブンブン言ってたんですね。
ハチさんには気の毒ですが、駆除してもらいました。


そんな訳で、
家賃が変わると具体的にどうなのかっていうところをシュミレーションします。

このブログではとにかくシュミレーションの例をこれでもかと挙げて 家計を数値化するという考えを広めたいと思っています。

まず、デカい出費の家賃ですが、
都心に住むと必然的に家賃が高くなります。

A 手取り収入20万の人が、10万の家賃を払うと残り10万円で生活しなければなりません。

B 手取り収入100万の人が、10万の家賃を払うと残り90万円です。仮に50万の家賃を払っても残り50万。


当たり前なんですが・・・

同じ空気を吸っていると、家計の数字なんて見えないですからね。
そんなの知ってるわい思っていても、共働き夫婦で奥さんの妊娠などでAパターンに陥るケースがよくあります。

逆に、公務員などは手取りが低くても社宅(?)でほとんど家賃がないなんてよくあります。

C 手取り収入15万で家賃が2万払うと、13万円残ります。

Aより余裕が出てきますね!


余談ですが、都心の一人暮らしOLは一生懸命働いても貯金ができないらしいです。 それは家賃をはじめ、消費の多いシステムの中にいるからなのでしょう。

そういうことをなんとなーくわかっていたので、私は憧れの一人暮らしがとうとうできませんでした。。
家賃やそれに付随する云々を考えると、実家から高い交通費で会社通いした方がまだマシなんですよね。



ご覧いただきありがとうございます!
ぽちっと押していただければ幸いdeす





 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。